BLOG

実りある時間


今日は、予告通り??読書をしました。
誕生日に父からもらった本のうちの1冊です。

書店でもよく見かけていた本で、知ってはいましたが手に取ったことはありませんでした。
本の裏表紙には物語の紹介が書かれていますが、今回はそれを見ずに読み始めました。

話題の本だったので、すごくダイナミックなストーリー展開なのかなと思っていたら、日常生活の話で、サラサラと読み進められました。
主人公の女の子は家庭環境が複雑なのですが、「家庭環境が複雑」という名目でカテゴライズしたくない、そのフレーズのイメージとは違う、温もりのある家庭で育った女の子でした。


ストーリーは基本的にその子の人生が描かれていて、読み終わった後はなんとも言えない幸福感や高揚感に包まれました。


こんなにいいお話ならば早く読めばよかったなと思いましたが、裏表紙は読まなくてよかったと思いました。私は紹介文などをみると、「ああ、そういうお話か」と決めつけてしまうところがあるので、そこを読んでいたら違うストーリーを想像していたかもしれません。

兎にも角にも、父に感謝です。

コメントする


  • メールアドレス、電話番号などの個人情報を書き込まないでください。
  • 書き込み内容によっては非公開とすることもございます。あらかじめご了承ください。
  • コメントの反映には時間がかかることがあります。

ここから先は
会員のみご覧いただけます

または 前のページに戻る